入れ歯や差し歯とくらべても利点の多いインプラントですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。それは何より、インプラント治療を受けることが出来ないケースもあるということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになるのです。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯とくらべると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。なお、インプラント治療はすべて自費となり、治療費が高額になることは問題点です。

インプラント治療

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えて下さい。一見し立ところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れ立と気づかれることは気にする必要はありません。
自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。1本のインプラント治療にかかる費用はインプラント1本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになるのです。痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けて下さい。